【エクセル関数】半角文字・全角文字を変換する(ASC,JIS)

関数

エクセルで半角文字と全角文字が混在しているデータは、どちらかに統一した方が検索や集計するのに便利です。

しかし手作業でデータを修正するには非常に時間がかかるので関数で一気に直したいですよね。

この記事では、エクセルで半角文字を全角文字に変換する方法、逆に全角文字を半角文字に変換する方法を紹介します。対象となる文字は、カタカナ、数字、英字なので住所や氏名など統一したいデータはすべて変換することができます。

全角⇔半角に変換する関数

全角から半角、半角から全角に変換する関数はそれぞれ異なります。ただしカタカナや数字といった文字種の違いは意識せずに、それぞれの関数で変換が可能です。

半角文字→全角文字
=JIS(対象の文字列)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019
全角文字→半角文字
=ASC(対象の文字列)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019

引数の説明

JIS関数、ASC関数に与える引数は、変換したい文字列を直接入力するか、文字列が入力されているセル番号を指定します。

対象の文字列

半角もしくは全角文字が入力されているセル番号を指定します。

使用例

JIS関数の使用例です。指定した文字列の中にある半角(ASCの場合は全角)文字をすべて全角文字に変換します。対象の文字は、カタカナ、数字、英字、スペースです。漢字やひらがなは、半角文字がないので変換されずそのまま表示されます。

JIS関数の使用例
=JIS(A5)
(セルA5(東京都中央区日本橋1-1-1)を全角に変換)
結果:東京都中央区日本橋1-1-1
ASC関数の使用例
=ASC(A5)
(セルA5(ヤマダ タロウ)を半角に変換)
結果:ヤマダ タロウ

関連する関数

JIS関数やASC関数を使用するときに、使うことが多い別の関数です。特に複数の人から入力されたアンケートや、住所登録などでは半角、全角、改行、特殊文字などがバラバラになっているので、CLEANやTRIMなどで整形しましょう。

関数名 概要
TRIM 文字列から空白を取り除く
CLEAN 文字列から特殊文字を取り除く
REPLACE 指定した位置の文字列を置換する
SUBSTITUTE 指定した文字列を検索して置換する
この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。

関数

Posted by エクセルサポーター編集部