エクセル COUNT関数の使い方 | 数値のあるセルの個数を求める

関数

COUNT関数は、セル内に数値か日付(時刻)が入っている場合にセルをカウントする関数です。

データが数値であれば、個数を集計する際に便利な関数です。

なお、カウントしたいデータに文字列などの数値以外のデータがある場合はCOUNTA関数を使用してください。

COUNT関数の書式

数値のあるセルの個数を求める
=COUNT(セル範囲)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019

COUNT関数の使い方

COUNT関数には、セル範囲を引数として渡します。渡した範囲の中で、数値が入っているセルの個数を求めます。

COUNTでカウントされるのは、数値か日付のみで文字列や空白などは数えられないので注意してください。

COUNT関数の引数

COUNT関数の引数には、カウントしたいセル範囲を指定します。また、カンマ区切りで複数のセル範囲を指定することもできます。

セル範囲以外では、セルや数値を直接入力することもでき、同じようにカンマで区切ることで複数にできます。

連続したセル範囲を指定する

数値の入ったセルを数えたい場合には、セルの範囲を指定します。複数の範囲を指定したい場合は、範囲をカンマで区切ることも可能です。

例(単一の範囲): =COUNT(C5:C20)
例(複数の範囲): =COUNT(C5:C20,D4:D25,E10:E30)

単一のセルをカンマで区切る

セルを範囲ではなく、直接指定することも可能です。その場合も、複数指定する場合はカンマで区切ります。

例: =COUNT(A5,B2,C7,D4,E1,F4,D1,D12:D25)

COUNTに関連する関数

COUNT関数に関連する関数の一覧です。

関数名 概要
SUM 合計を求める
SUMIF 条件を満たす数値の合計を求める
SUMIFS 複数の条件を満たす数値の合計を求める
COUNTIF 条件を満たす数値の個数を数える
AVERAGE 数値の平均値を求める
AVERAGEIF 条件を満たす数値の平均値を求める

まとめ

COUNT関数は、セル内に数値が入っている個数を数える関数です。カウントは、数値もしくは日付(時刻)のみで、文字列や空白などはカウントされません。文字列や空白もカウントしたい場合は、COUNTA関数を使用します。

引数には、セル範囲を指定することが多いですが単一のセルや数値、セル範囲を複数指定することも可能です。

セルの数を数える関数としては、COUNT関数のほかにもCOUNTBLANK、COUNTIFなどがあります。

この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。