エクセル COUNTA関数の使い方 | 空白以外のセルの個数を求める

関数

COUNTA関数は、空白以外の文字列や数値、日付などデータが入っているセルをカウントする関数です。スペースは半角全角どちらでもカウントされます。

似た関数でCOUNT関数がありますが、COUNT関数は数値だけを対象にセルの個数をカウントします。

COUNTA関数の書式

空白以外のセルの個数を求める
=COUNTA(セル範囲)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019

COUNTA関数の使い方

COUNTA関数には、個数をカウントしたいセルの範囲を指定します。セルの範囲は、A1~A10のような同じ列や同じ行だけでなく複数のセルをまたいでA1~G20のような範囲でカウントすることも可能です。

COUNTA関数の引数

COUNTA関数に指定するセル範囲は、セルや数値を直接入力することもできます。また、カンマで区切ることで複数の範囲やセルを指定できます。

連続したセル範囲を指定する

データのあるセルをカウントしたい場合は、対象のセル範囲を指定します。連続でない複数の範囲を指定したい場合は、範囲をカンマで区切ることも可能です。

例(単一の範囲): =COUNTA(A5:A30)
例(複数の範囲): =COUNTA(B5:B10,E5:E25,F10:F30)

単一のセルをカンマで区切る

セルを直接指定する場合は、カウントしたいセルをカンマで区切って入力します。

例: =COUNTA(B5,C2,D7,E4,G1,H3,J1,L10:L20)

COUNTAに関連する関数

COUNTA関数に関連する関数の一覧です。

関数名 概要
COUNT 数値の入ったセルの個数を数える
COUNTIF 条件を満たす数値の個数を数える
SUM 合計を求める
SUMIF 条件を満たす数値の合計を求める
SUMIFS 複数の条件を満たす数値の合計を求める
AVERAGE 数値の平均値を求める
AVERAGEIF 条件を満たす数値の平均値を求める

まとめ

COUNTA関数は、セル内に数値や文字列などのデータが入力されていればカウントする関数です。カウントするデータは空白以外のすべてのデータで半角や全角スペースでもカウントしてくれます。

引数には、セル範囲を指定することが多いですが単一のセルや数値、セル範囲を複数指定することも可能です。セルの数を数える関数としては、COUNTA関数のほかに、数値だけを数えるCOUNT関数や、空白もカウントするCOUNTBLANK関数、条件でカウントする対象を決めるCOUNTIF関数などがあります。

この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。

関数

Posted by エクセルサポーター編集部