エクセル VARP関数(VAR.P関数)のサンプルファイル

Excel VARP関数

エクセル VARRP関数 サンプル

VARP関数は、数値のばらつきを表す指標で「バリアンスピー」と読みます。

VARPとVAR.Pは同じ処理をするのでどちらで覚えても問題ありません。

サンプルファイルでは、生徒の成績を母集団データとし、VARP関数で分散を求めています。

分散を求めることで、データがどの程度ばらついているかがわかります。

エクセル VARP関数のサンプル

ファイル名 Excel VARP.xlsx
ファイルタイプ エクセル
作成バージョン excel2019
ファイルサイズ 11.36 KB
データ利用規約
・無料でご利用できますが著作権は放棄しておりません。
・当サイトのコンテンツを無断で複製・転載・転用することを禁止します。
・当サイトのデータの利用は、お客様ご自身の責任において行われるものとします。
・当サイトのデータにより発生したいかなる損害についても、一切責任を負いません。
・サンプルファイルのご利用によるトラブルの対応やサポートはしておりません。
この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。

Posted by エクセルサポーター編集部