Excel FIND関数の使い方や応用例

関数

この記事ではエクセルのFIND関数を紹介します。

FIND関数は、文字列の中から特定の文字を見つけて位置を取得する関数です。氏名の姓と名を分けるなど、文字列を分割したい場合に使用されることが多いです。

FIND関数は開始位置を指定することができるので、URLから特定の部分だけを取り出すなど複雑な文字列の解析などにも使われます。

FIND関数

文字列から指定の文字の位置を調べる
=FIND(検索文字列,対象の文字列,開始位置)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019

使用例

FIND関数では、検索する文字列、対象の文字列、開始位置の3つの引数を渡します。対象の文字列は半角と全角を区別しないので、純粋に何もじ目かだけを調べます。

検索する文字列、対象の文字列は、どちらも該当する文字列が書かれているセルの番号かダブルクォーテーションで囲んで直接書き込むことが可能です。
セルを指定する場合(例)
=FIND(“-“,A2,1)

(「-」(ハイフン)をA2の先頭から探す)

直接文字列を書き込む場合(例)
=FIND(“-“,"090-1234-0000",5)

(「-」(ハイフン)を5番目の文字から探す)

応用例

FIND関数で取得できるのは、あくまでも検索文字列の位置です。現実のエクセルの作業では位置だけを取得してもあまり役に立たないでしょう。実務で使うことが多いのは、文字列の操作です。FIND関数で、区切り文字の位置を調べ、そこから先(後)文字を切り出すなどの操作をします。

今回は簡単な応用例として郵便番号の上3桁と下4桁を取得するやり方を紹介します。

郵便番号の上3桁を取得する
=LEFT(A2,FIND(“-“,A2,1)-1)

郵便番号の上3桁を取得するには、まずFIND関数でハイフンの位置を調べます。ハイフンの位置さえわかれば、文字列の一部を取得するLEFTやRIGHTを使えば目的の部分だけを取得することができます。

上3桁は先頭からハイフンの場所までを指定すればいいでしょう。ただしFINDで調べた位置をそのままLEFT関数に渡すと「ハイフン」まで取得できてしまうのでFINDで取得した位置を-1文字すると3桁部分だけを取得できます。

FIND関数で郵便番号の一部を取り出す

郵便番号の下4桁を取得する
=RIGHT(A2,FIND(“-“,A2,1))

今度は、RIGHT関数で郵便番号の下4桁部分を取得します。最後尾から取得する場合は「ハイフン」は入らないのでFIND関数の位置をそのまま渡せば目的の4桁を取得することができます。

関連する関数

FIND関数を使用するときによく使われる関数の一覧です。文字列を取り出したり、操作できるのでFIND関数と同時に覚えておくと応用が利くようになります。

関数名 概要
LEN 文字列の数を調べる
LENB 文字列のバイト数を調べる
LEFT 文字列を先頭から取り出す
RIGHT 文字列を末尾から取り出す
MID 指定した位置から文字列を取り出す
PHONETIC 文字列からふりがなを取り出す
この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。

関数

Posted by エクセルサポーター編集部