Excel LOWER関数の書式や使い方の例

関数

エクセルのLOWER関数は、大文字の英字を小文字に変換する関数です。

引数に渡された英字は、すべて小文字に変換されます。大文字と小文字が混在していても使用でき、大文字だけが小文字に変換され、小文字はそのまま表示されます。

英字以外の文字も影響なくそのまま出力されます。

LOWER関数の書式

英字の大文字を小文字に変換する
=LOWER(対象の文字列)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019

LOWER関数の引数

LOWER関数の引数には、変換したい英字の文字列を指定します。ダブルクオーテーションで直接関数に渡しても、セルを指定しても使用できます。

対象の英字(大文字)

変換したい大文字の英字があるセルを指定します。

使用例

LOWER関数の使用方法は以下のとおりです。

LOWER関数の使用例
=LOWER(A4)
(セルA4(HELLO WORLD)
結果:hello world

関連する関数

LOWER関数に似た働きをする関数の一覧です。UPPER関数は、小文字を大文字にし、PROPER関数が先頭の文字だけを大文字に変換します。

関数名 概要
UPPER 英字の小文字を大文字に変換する
PROPER 英字の先頭の小文字を大文字に変換する
この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。

関数

Posted by エクセルサポーター編集部