Excel REPLACE関数の使い方や応用例

関数

エクセルのREPLACE関数は、文字列から特定の文字列を置換(置き換える)ための関数です。

置き換える文字の指定方法は、位置と文字数なので全角と半角を区別しません。バイト単位で置き換えたい場合には、REPLACEBという別の関数を使います。

REPLACE関数の書式

指定した文字列に置き換える
=REPLACE(文字列,開始位置,文字数,置換する文字列)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019

使用例

REPLACE関数を使用する場合は、置き換える対象の文字列をダブルクオーテーションで囲むか対象のセルを指定します。置き換える場所は開始位置と文字数で指定するので置き換える文字の位置が決まっている場合に役に立ちます。

REPLACE関数の使用例
=REPLACE(A1,1,1,"A")
(セルA1の先頭の文字をAに置き換える)

置換の開始位置

REPLACE関数で指定する開始位置と文字数でどのように文字が置き換わるかがわかりにくいので、実際に置き換わる様子を解説します。

開始位置は、先頭から何文字目を置き換えるかと考えれば簡単です。

=REPLACE(“あいうえお",1,1,"○")

結果
○いうえお

とすれば、開始位置は1なので、「あ」が○に置き換わります。

同様に、=REPLACE(“あいうえお",2,1,"○") と開始位置を2にすれば「い」だけが置き換わります。

置換の文字数

次の引数である文字数では指定した文字数を置き換えることができます。例えば、

=REPLACE(“あいうえお",1,2,"○")

結果
○うえお

先頭から2文字(あい)を○に置き換えます。2文字をどちらも○にしたい場合は、置き換えたい文字列を「○○」にすれば可能です。

同様に、下記のように3文字にするなら「あいう」が○に置き換わります。
=REPLACE(“あいうえお",1,3,"○")

結果
○えお

応用例

REPLACE関数は、置き換える文字を指定しない(ダブルクオーテーションのみ)にすると、文字を削除することができます。そのため、文字列の前についてしまった空白や、姓と名の間の空白を除去するといったこともできます。

REPLACE関数の応用例

関連する関数

PHONETIC関数に似た文字列を操作する関数です。PHONETIC関数と同時に覚えておくと住所録などの表の作成が便利になります。

関数名 概要
LEN 文字列の数を調べる
LENB 文字列のバイト数を調べる
LEFT 文字列を先頭から取り出す
RIGHT 文字列を末尾から取り出す
MID 指定した位置から文字列を取り出す
FIND 文字列の位置を調べる
PHONETIC 文字列からふりがなを取り出す
SUBSTITUTE 指定した文字列を検索して置換する
この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。