Excel RIGHT関数の使い方や応用例

関数

RIGHT関数は、指定した文字列の末尾(右端)から指定した数の文字を取り出して表示します。関数に指定できる文字列は、セルを指定する、もしくは直接文字列を関数に書き込むこともできます。

RIGHT関数単体では、固定した文字数で取り出すことしかできないため、実際の運用ではFIND関数と組み合わせて指定の文字の位置を調べて動的に取り出すといった使い方が多いです。

RIGHT関数

文字列の末尾から指定した数の文字を取り出す
=RIGHT(文字列,文字数)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019

使用例

RIGHT関数の引数には、対象の文字列と取り出す文字数を指定します。文字列は、文字列が記入されているセルの番号を指定するか、直接関数内に書き込むことができます。

セルを指定する場合(例)
=RIGHT(B2,4)
直接文字列を書き込む場合(例)
=RIGHT(“文字列",4)

応用例

RIGHT関数と別の関数を組み合わせることで、動的に取り出す文字数を変えることができます。

よくある例としては、空白で区切られた氏名を姓と名で分ける場合です。姓や名は、人によって文字数が異なるため毎行数値を指定しなければなりません。これでは、行が多いときに行ごとに関数を修正しなければならず手間がかかります。

その場合は、FIND関数で空白の場所を見つけ見つけた空白の場所をRIGHT関数に渡すという処理を考えます。そうすることで、どのような姓と名でも切り分けることができるようになります。

半角スペースで区切られたセルA1の氏名の名だけを抽出する
=RIGHT(A1,FIND(" “,A1))

FIND関数で半角スペースを見つけRIGHT関数に渡して名の部分を。取り出します。空白部分が不要の場合は、以下のようにFINDで取得した数値を-1することで名だけを取り出すことができます。

=RIGHT(A1,FIND(" “,A1)-1)

RIGHT関数の応用例

関連する関数

RIGHT関数のように文字列を抽出したり、数えたりといった文字列操作の関数をまとめています。同時に覚えておくとRIGHT関数を使用するときに応用ができるようになります。

関数名 概要
LEN 文字列の数を調べる
LENB 文字列のバイト数を調べる
LEFT 文字列を先頭から取り出す
MID 指定した位置から文字列を取り出す
FIND 文字列の位置を調べる
PHONETIC 文字列からふりがなを取り出す
この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。

関数

Posted by エクセルサポーター編集部