エクセル領収書テンプレート | A4用紙2分割~4分割【無料ダウンロード】

テンプレート

領収書は、商品やサービスの対価として金品などを受け取った場合に、その証明として発行する書類です。

では、領収書にはどんな項目を書けばいいのか、どんな注意点があるのか初めての場合はわかりませんよね。

この記事では、領収書のエクセルテンプレートを無料でダウンロードできます。

エクセル版のテンプレートがあれば、修正してオリジナルの領収書を作成することも、印刷して手書きやPDFに変換することも可能です。

エクセル領収書テンプレート

エクセルで作成したシンプルで使いやすい領収書テンプレートを4タイプ紹介します。

  • A4用紙サイズ 縦4枚4分割
  • A4用紙サイズ 縦4枚横長
  • A4用紙サイズ 縦3枚横長
  • A4用紙サイズ 縦2枚横長

それぞれ、A4用紙サイズで複数枚の領収書を切り取って使用する形式です。

A4 4枚タイプ4分割

A4用紙を4分割した領収書のテンプレートです。金額欄が手書きで入力できるように8桁の枠を作成しています。但し書きや内訳欄を設けています。

領収書テンプレート01 A44分割

ダウンロードページ

A4 4枚タイプ横長

こちらもA4用紙サイズですが、横長の領収書を4枚作成できるようになっています。市販の領収証に近いタイプの領収書です。

A4用紙縦4分割の領収書テンプレート

ダウンロードページ

A4 3枚タイプ横長

A4用紙を3枚に分けることができる領収書です。4枚分割タイプよりも全体的に大きい領収書を作成できます。右下を大きく開けて、収入印紙や作成者の住所や名称を書く欄にしてください。

A4用紙縦3分割の領収書テンプレート

ダウンロードページ

A4 2枚タイプ横長

A4用紙を2枚に分割するタイプの領収書です。金額欄はグレーのボーダーが入っています。内訳は税抜き金額と消費税額等だけなので、手形や小切手を加えたい場合は修正が必要です。

A4用紙縦2分割の領収書テンプレート

ダウンロードページ

ダウンロードの方法

テンプレートのダウンロードは、上記の各画像の下にある「ダウンロードページ」ボタンをクリックしてダウンロードページへ移動してください。

ダウンロードボタン

 
ダウンロードページを下にスクロールしていくとテンプレートファイルの詳細の下に青い「ダウンロード」ボタンがあるので、それをクリックします。

 
ダウンロードボタン

ブラウザからダウンロードされ、パソコンのブラウザで設定されているダウンロード先にファイルが保存されます。

テンプレートの使い方

ダウンロードしたテンプレートを開くと、上部に「保護ビュー」の警告が表示されるので、「編集を有効にする」ボタンをクリックして編集できる状態にしてください。

保護ビューの解除

エクセルサポーターのテンプレートは、マクロは使用していません。また、すべてのテンプレートは、ウイルスチェック済みなので保護ビューを解除しても問題なく使用できます。

自社用に修正する

テンプレートには、発行者の情報は入力されていません。領収書テンプレートの右下のスペースに発行名、住所、電話番号などを記載しておくと使うときに便利です。先に印刷して、後からスタンプや手書きで記入しても構いません。

発行者情報の記入

エクセルでの記入方法

エクセルで金額や相手先を記入する場合は、改ざん防止のため、金額欄の最初に¥マーク、最後に-を入力します。次に但し書き、発行年月日を入力し内訳に税抜き金額、消費税の料率と消費税額を入力します。

PDFファイルを作成する方法

Windows10であれば、印刷から標準でPDFを作成することができます。

1. ファイル→印刷を選択
ファイル→印刷を選択

 
2. プリンタの一覧から「Microsoft Print to PDF」を選択
Microsoft Print to PDFを選択

 
3. 印刷ボタンをクリック

 
4. ファイル名を入力して保存
PDFファイルを保存

Windows以外であれば、無料のPDF作成ソフトやオンラインでエクセルをPDFに変換できるツールなども利用できます。

まとめ

A4用紙2分割~4分割で使用できるエクセル形式の領収書テンプレートを4種類紹介しました。シンプルで標準的なテンプレートなので、どのような業種でも使用できます。

領収書テンプレートをパソコンで記入する場合は、テンプレートのエクセル直接文字を入力していきます。メールで送る場合には、エクセルファイルではなくPDFファイルにして送ると改ざんを防ぐことができます。

この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。