Excel TRIM関数の使い方や使用例

関数

エクセルのTRIM関数は、文字列の先頭と末尾の空白を取り除いてくれます。

手作業で入力した文字列の前後に空白が入ることはあまりありませんが、ネットからコピーした文字列や文字列の一部を切り取ったり、結合した際に意図せず空白が入ることがあるので、そういった場合に重宝します。

空白ではなく、改行などの制御文字を除去したい場合はCLEAN関数を使用します。

TRIM関数の書式

指定した文字列の前後の空白を取り除く
=TRIM(対象の文字列)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019

引数の説明

TRIM関数に与える引数は、空白を取り除きたい文字列もしくはセル番号のみです。

対象の文字列

前後の空白を除去したい文字列が入力されているセルを指定します。

使用例

TRIM関数の使用例です。前後の空白は、複数あっても、半角スペースでも全角スペースでもすべて取り除きます。なお、文字と文字の間の空白は取り除きません。

TRIM関数の使用例
=TRIM(A5)
(セルA5(  山田 太郎 の前後の<空白>を取り除く)
結果:山田 太郎

関連する関数

TRIM関数を使用するときに、同時に使用することが多い関連する関数です。文字列の前後ではなく、文字列中の空白を除去したい場合はSUBSTITUTE関数で、取り除きたい文字列に空白を指定します。

関数名 概要
CLEAN 文字列から特殊文字を取り除く
REPLACE 指定した位置の文字列を置換する
SUBSTITUTE 指定した文字列を検索して置換する
ASC,JIS 全角文字、半角文字を逆に変換する
この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。

関数

Posted by エクセルサポーター編集部