Excel UPPER関数の使い方や使用例

関数

エクセルのUPPER関数は、指定した英字の小文字を大文字に変換します。

指定先は、特定のセルもしくは直接関数に入力することもできます。変換する小文字はすべて大文字に変換するので、一部だけを変換などはできません。

英字の先頭の文字だけを大文字にしたい場合は、PROPER関数を使用します。

UPPER関数の書式

英字の小文字を大文字に変換する
=UPPER(対象の文字列)
Excel対応バージョン:2007, 2010, 2013, 2016, 2019

引数の説明

UPPER関数には、大文字に変換したい英語の文字列を与えます。セルを指定しても、直接入力しても使用できますが通常はセルを指定する使い方がほとんどでしょう。

ちなみにですが、大文字を指定しても変換されずそのまま大文字が表示されます。

対象の英字(小文字)

変換したい英字(小文字)の入ったセルを指定します。

使用例

UPPER関数は以下のように使用します。サンプルファイルもあるので、必要ならダウンロードして使用してください。

UPPER関数の使用例
=UPPER(A4)
(セルA4(hello world)
結果:HELLO WORLD

関連する関数

UPPER関数に関連する関数を紹介します。大文字を小文字に変換するLOWER関数、先頭の文字だけ大文字にするPROPER関数などがあります。

関数名 概要
LOWER 英字の大文字を小文字に変換する
PROPER 英字の先頭の小文字を大文字に変換する
この記事を書いた人

エクセルサポーター編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。エクセルの使い方や活用方法をわかりやすく解説するために情報を更新しています。

関数

Posted by エクセルサポーター編集部